GPI
光産業創成大学院大学
The Graduate School for the Creation of New Photonics Industries. リンク集 サイトマップ プライバシーポリシー 英語サイト
最新情報 大学概要 研究紹介 本学発企業 入試情報 交通案内 お問い合わせ
本学発企業
 
HOME > 本学発企業 > 本学発企業の紹介/株式会社分光応用技術研究所
株式会社分光応用技術研究所
本学発企業
株式会社分光応用技術研究所
Spectral Application Research Lab. Inc.
分光イメージング技術をベースにした開発により、斬新な商品を提供してまいります。

ホームページ:http://www.sarli.jp/

 
会社概要
社名 株式会社分光応用技術研究所
設立 2009年2月5日
事業内容 (1)分光応用機器の研究開発、製造及び販売
(2)光学設計、薄膜設計、回路設計、数値解析、ソフト開発及び分光研究の受託業務
代表 松本 和二
(Kazuji Matsumoto)
資本金 370万円
所在地

静岡県浜松市中区和地山3-1-7
HI-Cube211

連絡先 電話&FAX:053-523-9605
E-mail:kazuji_sarli@plum.ocn.ne.jp
代表プロフィール
松本和二(Kazuji Matsumoto)

【学歴】
1977 徳島県立小松島高等学校卒業
1981 千葉工業大学工学部
精密機械工学科卒業
2008 光産業創成大学院大学入学
2011 光産業創成大学院大学卒業

【職歴】
1981 株式会社村上色彩技術研究所入社
1992 浜松ホトニクス株式会社入社
2009 株式会社分光応用技術研究所設立

【会員】
色彩学会・近赤外研究会・OSA
メッセージ:
これまで、基本的な分光イメージングユニットの設計開発からスタートし、それを用いたマクロ用分光イメージング撮影装置開発、定量用ソフト開発、表示合成用のソフト開発を中心に応用研究開発を進めてまいりました。
将来的に受け入れられる、商品像はまだまだ見えていないため、まず、顧客の要望を真摯に聞き、特注品を手がけ、それから顧客の要望の中にある隠れた潜在的な要求を見極め、そのエッセンスと自己の開発固有軸の中にある物との融合を図り、斬新で、特長のある新製品を出していきたいと考えております。分光とカメラの融合、「分光イメージング技術」が、今後の新しい光産業のひとつのコアになると思います。
製品紹介:

装置例:分光イメージングユニット装置 : Spect-200vis


■概要
本装置は、一定視野内の部位毎の分光データを、簡単に採取する為の光学ユニットです。
市販レンズ、本装置、モノクロカメラの組合せで、1ライン分の複数分光情報採取が可能であり、1軸のスキャン操作を付加し、2次元の分光データ取得が可能となります。


■特長

  • レンズとカメラ間に本装置を取り付け
    分光イメージング採取可能
  • 明るく、迷光&収差が少ない光学設計
  • 堅牢&剛性が高い
分光イメージングユニット
装置外観
(カメラ&レンズはオプションです)


■使用方法&応用展開(例&イメージ)

1:顕微分光 2:マクロ分光画像
(風景&絵画等)
3:リモート計測
(上空からの撮影)
顕微分光 マクロ分光画像 リモート計測
1軸スキャン付加必要 専用装置開発中 動きに合わせて取得

実測例(顕微撮影)
顕微撮影


実測例(マクロ撮影)

マクロ撮影

※本ユニットを用いた特注装置の製作も可能です。
 
最新情報 大学概要 研究紹介 本学発企業 入試情報 交通案内 お問い合わせ
光産業創成大学院大学 このサイトについて | リンク集 | サイトマップ | プライバシーポリシー
〒431-1202 静岡県浜松市西区呉松町1955番1
TEL : 053-484-2501 FAX : 053-487-3012
E-Mail :
Copyright (C) 2012 光産業創成大学院大学. All Rights Reserved