グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  ニュース >  酒井浩一 さん(在学生)が代表を勤める株式会社里灯都が、令和元年度 第1回「A-SAP 産学官金連携イノベーション推進事業」に採択されました。

酒井浩一 さん(在学生)が代表を勤める株式会社里灯都が、令和元年度 第1回「A-SAP 産学官金連携イノベーション推進事業」に採択されました。


酒井浩一 さん(在学生)が代表を勤める株式会社里灯都が、令和元年度 第1回「A-SAP 産学官金連携イノベーション推進事業」に採択されました。

プロジェクト名:構造用合板のレーザー加工
プロジェクト概要:家屋の強度確保のために用いられる構造用合板に対し、レーザ加工により多数の穴をあけることで透湿性を向上させる技術の確立を目指す

本事業は、公益財団法人浜松地域イノベーション推進機構フォトンバレーセンターが、中小企業の製品開発等における課題解決に向けて、案件に応じたプロジェクトチームを大学の研究者等で結成し、光・電子技術の活用により課題解決を支援する事業です。

応募申請のあった13件のうち、審査の結果5件のプロジェクトを採択されました。

令和元年度 第1回「A-SAP 産学官金連携イノベーション推進事業」に係るプロジェクトの採択について