グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  ニュース >  楠本助教が第3期「A-SAP 産学官金連携イノベーション推進事業」に係るプロジェクトに採択されました。

楠本助教が第3期「A-SAP 産学官金連携イノベーション推進事業」に係るプロジェクトに採択されました。


公益財団法人浜松地域イノベーション推進機構フォトンバレーセンターが実施している第3期「A-SAP 産学官金連携イノベーション推進事業」にて、下記プロジェクトのリーダーとして採択されました。

プロジェクト名:ビーム径可変レーザ溶接用ハンドトーチの開発
プロジェクト概要:本プロジェクトの最終製品は、ビーム径可変機能を有することで、レーザ溶接による薄板金属の仮付け溶接および本溶接が可能なハンドトーチを製作することである
企業名: 芝原工業株式会社

「A-SAP 産学官金連携イノベーション推進事業」とは
中小企業の製品開発等における課題解決に向けて、案件に応じたプロジェクトチームを大学の研究者等で結成し、光・電子技術の活用により課題解決を支援する事業です。