グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  ニュース >  楠本助教がレーザ加工学会 第92回講演会にて「機械学習によるフェムト秒レーザ除去加⼯性能の予測」について講演を行い、Laser Focus World Japan にて紹介されました。

楠本助教がレーザ加工学会 第92回講演会にて「機械学習によるフェムト秒レーザ除去加⼯性能の予測」について講演を行い、Laser Focus World Japan にて紹介されました。


2019年12月9日~10日 産業技術総合研究所・臨海副都心センター別館(東京都江東区)で開催された「第92回レーザ加工学会講演会」(主催:レーザ加工学会、共催:産業技術総合研究所)にて、楠本助教が「機械学習によるフェムト秒レーザ除去加⼯性能の予測」について講演を行いました。
ニューラルネットワークの機械学習アルゴリズムを用いたフェムト秒レーザ加工による除去量予測モデルの構築について解説しました。

本講演会のリポートがLaser Focus World Japan にて紹介されています。