グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  ニュース >  池田貴裕さん(同窓生、パイフォトニクス株式会社代表取締役)と藤田教授がロボットフォトニクスについて浜松で講演しました

池田貴裕さん(同窓生、パイフォトニクス株式会社代表取締役)と藤田教授がロボットフォトニクスについて浜松で講演しました


池田貴裕さん(同窓生、パイフォトニクス株式会社代表取締役)と藤田教授が、2022年10月14日、浜松駅前の遠鉄百貨店会議室にて開催された、レーザー学会ロボットフォトニクス専門員会(村井健介主査 産業技術総合研究所)でそれぞれ講演し、講演後、パイフォトニクス社のLED照明によるムクドリ追い払い実験が駅前で実施されました。

進展著しいロボットとフォトニクスの融合により新しい産業創出が期待される「ロボットフォトニクス」がレーザー学会でも検討が進められており、今回その会合が浜松で催されました。

その中で、池田さんからは「光パターン形成LED照明「ホロライト」~安心安全・面白い・新しい光の使い方~」と題した講演があり、本学在学中の起業から自社製品である多様なホロライト商品群が紹介されました。

講演後は、浜松駅前付近で多数集まり、糞害などが問題となっているムクドリの追い払い実験が、携帯型鳥獣対策LED照明「ホロライト・チェッカーズ」を用いてデモされました。ムクドリが止まっている木やその周辺を瞬間的に照明するだけでムクドリが一斉に飛び立ち、参加メンバーはその効果を実感しました。

藤田教授からは「昆虫の光応答と光防除技術への応用」について講演があり、病害虫に対するフォトニクスの貢献とロボティクスとの組合せの応用に関する多くの議論が活発に行われました。

ムクドリ実験のあと、パイフォトニクス社が融合を目指して運営する近くのホロライトバー(写真)や、最近本学が設置した浜松駅前の拠点「FUSE駅前分室」を一同で見学し、今後の各人・分野の融合に期待を込め、記念写真を撮影しました。