グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  教員・研究 >  光バイオ分野 >  井出 徹 客員教授

井出 徹 客員教授


光を利用して生体機能を計測します。 客員教授 / 博士(理学)大阪大学
専門
  • 生物物理学
  • 生理学
  • ライフサイエンス関連

人と企業、環境をつなぐビジネス情報雑誌「econowa」連載企画

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


チャネル創薬支援のための技術開発

新しい計測法の開発
マイクロ流路との融合

膜タンパクと総称されるタンパク群は細胞の膜に存在し、細胞内外の物質の出入りを制御しています。これらのタンパクは、遺伝子発現から神経活動まで、あらゆる細胞の活動に関与しています。膜タンパクの機能不全は、大きな疾病につながることが予想され、実際に膜タンパクの変異に起因する遺伝病がたくさん知られています。
膜タンパクは医薬品開発の重要なターゲットですが、薬効を調べる効率的な方法が存在しないため、その開発は大きく立ち遅れています。私たちは、光と電気を用いた計測によるHTS(ハイスループットスクリーニング)デバイスの開発を目指しています。

膜タンパク1個を観て、触る

1分子電気・光学同時計測
微小探針による1分子操作

膜タンパクのように水に溶けないタンパクは微細な構造を決めるのが難しく、どのように動いているのか分かっていません。これを理解することは、医薬品を開発するに当たっても重要なことです。私たちは、光を使って1つ1つの膜タンパクの形を観る技術を開発しました。また、タンパク分子1個を操作することも可能です。これらの技術を用いて、膜タンパクの動作原理を明らかにしようとしています。

【連携】理化学研究所、大阪大学、京都大学、神奈川サイエンスアカデミー他
【特許】「人工脂質二重膜を有する電流測定装置」特許第4394917号他

キーワード

  • チャネルタンパク質の1分子計測 1分子メージング、単一チャネル電流計測、1分子操作
  • センサーデバイス開発 人工脂質二重層膜、生化学・遺伝子工学技術


研究業績

論文

Okuno, D., Hirano, M., Yokota, H., Onishi, Y., Ichinose, J., Ide, T.,"A simple method for ion channel recordings using fine gold electrode.," Anal. Sci.,32,12,1353-1357(2016)

Toru Ide, Mitsunori Kitta, Minako Hirano, Hiroyuki Tanaka, Toshio Yanagida, Tomoji Kawai,"Direct Manipulation of a Single Potassium Channel Gate with an Atomic Force Microscope Probe.,"Small,7,16,2379-2383(2011)

Kikuchi, S., Bédard, J., Hirano, M., Hirabayashi, Y., Oishi, M., Imai, M., Takase, M., Ide, T., Nakai, M,"Uncovering the Protein Translocon at the Chloroplast Inner Envelope Membrane. ,"Science,339,6119,571-574(2013)

井出徹、平野美奈子、奥野大地,"「ちから」でイオンチャネルの機能を制御する,"生物物理学会誌,52,6,289-290(2012)

Yuriko Oyama, Toshihisa Osaki, Koki Kamiya, Ryuji Kawano, Tsutomu Honjoh, Haruki Shibata, Toru Ide Shoji Takeuchi,"A glass fiber sheet-based electroosmotic lateral flow immunoassay for point of care testing,"Lab on a Chip,,,-()

Minako Hirano, Yukiko Onishi, Toshio Yanagida, Toru Ide.,"Role of the KcsA channel cytoplasimic domain in pH-dependent gating. ,"Biophys. J ,101,9,2157-2162(2011)

M. Hirano, Y. Takeuchi, N. Matsumori, M. Murata, T. Ide,"Channels formed by amphotericin B covalent dimers exhibit rectification. ,"J. Membr. Biol.,240,3,159-164(2011)


学会発表

Toru Ide, Minako Hirano, Daichi Okuno,"Single molecule imaging of bio-molecules,"The 14th Takayanagi Kenjiro Memorial Symposium(Shizuoka Univ.,2012/11/28)

井出徹,"イオンチャネルの1分子計測,"JSTさきがけ懇話会(東京大学,2012/10/12)

井出徹,"チャネルタンパクの1分子計測,"ATI単分子バイオ研究会(宮城県大崎市,2012/10/5)

Daichi Okuno, Minako Hirano, Yukiko Onishi, Toshio Yanagida, Toru Ide,"Reconstitution of ion channel into lipid bilayer using glass needle.,"The 50th annual meeting of the biophysical society of Japan(Nagoya Univ.,2012/9/24)

R. Kawano, Y. Tuji, K. Kimiya, T. Osaki, M. Hirano, T. Ide, N. Miki, S. Takeuchi,"Automated drug screening system for ion channel proteins using artificial cell membranes.,"第50回日本生物物理学会年会(名古屋大学,2012/9/24)

井出徹、平野美奈子、奥野大地,"膜タンパクの1分子計測・操作,"高分子学会・バイオ高分子研究会(愛知県蒲郡市,2012/9/22)

Minako Hirano, Daichi Okuno, Yukiko Onishi, Toru Ide,"The Kcsa cytoplasmic domain effects on the inacitivation gating.,"日本生物物理年会(名古屋大学,2012/9/22)

井出徹、平野美奈子、奥野大地、大西幸子," ,"揺らぎが機能を決める生命分子の科学(宮城県仙台市,2012/7/30)

井出徹,"チャネルタンパクの1分子計測,"第4回 JSTさきがけ「ナノテク融合」領域懇話会(石川県金沢市,2012/1/13)

井出徹,"チャネルタンパクの1分子計測,"遺伝研バイオロジカルシンポジウム(国立遺伝学研究所,2011/12/7)

R. Kawano, Y. Tsuji, M. Hirano, T. Osaki, H. Sasaki, K. Kamiya, N. Miki, T. Ide, S.Takeuchi,"AUTOMATED DRUG SCREENING SYSTEM FOR ION CHANNEL PROTEINS,"microTAS2011(Seattle, USA,2011/10/2)

井出徹,"カリウムチャネルのpH依存性ゲーティング,"2011年第1回バイオ単分子・水和ナノ構造合同研究会(神奈川県箱根町,2011/9/21)

平野美奈子、大西幸子、柳田敏雄、井出徹,"KcsAチャネルの開閉機構の解明(P61),"第49回日本生物物理学会年会(兵庫県立大学,2011/9/18)

平野美奈子、大西幸子、柳田敏雄、井出徹,"KcsAチャネルの開閉機構の解明,""(",2011/9/18)

井出徹,"AFMによるチャネルゲートの1分子操作,""(",2011/9/18)

井出徹,"イオンチャネルタンパクの1分子計測・操作法の開発,""(",2011/7/28)

井出徹、平野美奈子、大西幸子,"1 分子計測によるチャネルタンパクの分子内運動計測,"揺らぎが機能を決める生命分子の科学合同班会議(北海道夕張市,2011/5/25)