グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  セミナー >  特別講義2015

特別講義2015


特別講義2015

光産業創成大学院大学では正課授業の中で、光技術の応用例や新事業開発例などについて外部の専門家の方々に講義をしていただく『特別講義』を開講しています。
特別講義2015は終了しました。多数のお申し込みありがとうございました。

5月27日 「産業創成のための特許戦略、知的財産戦略」

講師:京都北山特許法律事務所 代表・弁理士 西村竜平 氏(本学客員教授)
ビジネスを進める上で、知的財産戦略と国際規格戦略の重要性が指摘されています。技術色の濃いベンチャー企業経営では知的財産戦略は避けて通れませんが、出願だけを目的とすると出願費用がかかるばかりで経営にとっては本末転倒です。

本特別講義では知的財産戦略の理解を通して、特許、意匠、商標などをビジネスにどう役立てるか、事業戦略と知的財産マネジメントの理解を通して、ビジネスを守るための自らの知財保護と、知財侵害への対応を学んでいただきます。

6月26日 「21世紀の水道事業の課題と産官学の役割 ―光技術とのコラボの可能性―」

講師:合同会社 水道ネットワーク通信 代表 有村源介 氏
水道普及開始から140年がたち、老朽化が大きな社会問題となり、 メンテナンスと再構築が注目される時代となりました。 光技術による解決可能性を引き出すべく、水道業界における課題を概観します。

これまでも水質分析や紫外線殺菌などにおいて光技術は利用されています。 現在、水環境が悪化するなか水質管理において高度な計測技術が求められています。 こうした点からも水と光のコラボの可能性は大きいと思われます。

産官学の連携においては、水道界に限らず学識者と民間企業への依存度が高まっている昨今、 本学を含む研究教育機関や民間企業の役割について考察します。

2016年1月6日 「看護工学とロボティクスの最先端と産学連携による研究戦略」

講師:大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 特任教授 山田憲嗣 氏(本学客員教授)
山田先生は大阪大学医学部にて、ロボティクスの医療応用を進めています。
また工学の医学現場への展開を見据えて、看護工学を新たに立ち上げる検討を進めています。
さらに、産学連携活動の推進にも注力され、大学の寄付講座などを巻き込んだ研究戦略においても、ユニークな研究を進められています。
今回の特別講義では、これらの研究・取り組みの概要について産学連携推進の視点からお話いただきます。