グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  サイト情報 >  プライバシーポリシー

プライバシーポリシー


本学の運営するウェブサイトをご利用いただく皆様方(御利用者)の個人情報を重要なものと認識し,その取扱いにつきましては厳重な注意を払っております。

個人情報の収集

本学ウェブサイトのコンテンツのご利用にあたり、御利用者個人を識別できる情報(以下、「個人情報」といいます)の提供を以下の場合に限り収集させて頂いております。
  1. 質問や要望に関するお問合せ
  2. 資料請求
個人情報を入力して頂く場合は,必要最小限の個人情報情報に限らせていただきます。
これらの情報は本学から御利用者のお問合せに対するご回答、または資料を郵送するためにのみ利用され、国家機関等から法的効力のある要求があった場合を除いて、特段の事情がない限り御利用者の承認なく第三者に開示・提供することは致しません。 本学は個人情報に関して適用される法令、規範を遵守するとともに、上記における取り組みを適宜見直し改善に努めて参ります。

個人情報の利用目的

あらかじめご本人の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはありません。収集された情報は、その収集時に明示された収集目的(お問合せに対するご回答、または資料を郵送する等)のために利用されます。それ以外の目的で利用されることはありません。

統計データの利用

本学は、提供を受けた個人情報をもとに、個人を特定できない形式による統計データを作成し、当該データを制限なく利用することができるものとします。

個人情報の保護

御利用者からご提供いただいた個人情報を、御利用者の同意を得ずして本学と本学の委託先および提携先以外の第三者に開示することはありません。
ただし、警察、裁判所、法令による開示命令など公的機関から正当なる理由を示された場合に限り、御利用者の同意なく個人情報を開示・提供することがあります。

業務委託先、提携先について

個人情報の取扱いの全部又は一部を委託することがある場合は、委託先と機密保持を含む契約の締結の際、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適正な監督を行います。

登録情報の確認と変更

ご提出いただいた個人情報が常に最新かつ正確なものとなるよう、皆様にご協力をお願いしています。個人情報に変更があった場合にはご連絡くださいますようお願いします。

変更および通知について

本学は、この「プライバシーポリシー」の内容を、事前の予告なく変更することがあります。利用者の方へその都度ご連絡はいたしかねますので、ご利用の際には本ページの最新の内容をご参照ください。

その他(クッキー(Cookie)、アクセスログについて)

本学では、トラフィックデータを一定期間保存する場合があり、本学ウェブサイトを訪問したユーザーのクッキー情報等を取得し、利用している場合があります。

クッキーとは、ウェブページを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、お客様のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。 次回、同じページにアクセスすると、クッキーの情報を使って、ページの運営者はお客様ごとに表示を変えたり、よりお客様に沿ったページ内容とすることができます。 お客様がブラウザの設定でクッキーの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、ユーザーのブラウザからクッキーを取得できます。 なお、お客様のブラウザは、プライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したクッキーのみを送信します。個人が特定できる情報は含みません。

お客様は、クッキーの送受信に関する設定を「すべてのクッキーを許可する」、「すべてのクッキーを拒否する」、「クッキーを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。 設定方法は、ブラウザにより異なります。クッキーに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。

すべてのクッキーを拒否する設定を選択されますと、必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合がありますのでご注意ください。

また本学ウェブサイトにアクセスされますと、その情報をアクセスログという形で記録し一定期間保存しています。アクセスログは、アクセスされた日時やドメイン名、IPアドレス、使用しているブラウザの種類、リファラーURLなどが含まれますが、個人を特定できる情報を含むものではありません。収集したアクセスログは、本学ウェブサイトの管理や利用傾向の分析の目的で利用いたします。
光産業創成大学院大学は、皆様から寄せられた個人情報の保護に力を尽くします。これらの個人情報を不正なアクセス、使用、開示から守るため、さまざまなセキュリティ技術や手順を利用するとともに、構内のセキュリティ管理体制にも徹底を図ります。