グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  教員・研究 >  伊藤 博康 副学長

伊藤 博康 副学長


デザイン思考×光技術の応用で新しい産業を 副学長 / 博士(理学)名古屋大学
医療現場などの潜在的なニーズを探り、光技術の応用で、その課題解決につながる治療機器などの開発と事業化、グローバル展開にチャレンジする方をサポートします。

光技術で日本発の治療機器をグローバルビジネスに

バイオフォトニクスデザインは『スタートアップ・エコシステム グローバル拠点都市』である浜松地域の各機関と連携し、日本バイオデザイン学会の支援を受け新たに立ち上げた研究分野です。
医療機関などの協力を得て、病院や医師だけでなく、患者自身も含めた医療の現場が気付いていない潜在的なニーズを探り、光技術を応用することでその課題の解決につながる治療機器などの医療機器やバイオ機器の開発と事業化、グローバル展開を目指す方をサポートします。
機器開発における様々なプロセスに応じて、大学などの研究機関、モノづくり系企業、自治体、支援機関、金融機関など、各分野の専門家たちで最適なチームが編成され、プロジェクト成功に向けてサポートが受けることができます。