グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  教員・研究 >  尖端光産業経営分野 >  姜 理恵 准教授

姜 理恵 准教授


インベストメント・チェーンの最適化に向けて 准教授 / 博士(経営管理)青山学院大学
専門
  • 経営管理論 Business Management
  • 経営財務論 Finance

より良い資金循環の仕組み作りを目指して

 私は、資本市場における企業と投資家の対話の重要性に着目し、長きにわたり、企業が行う「インベスター・リレーションズ活動(資金調達と企業情報開示)」の学際的研究を進めてきました。近年では、イノベーション創出に励む企業家と市場産業を結び付けるため、両者の「共通言語」となり得るSDGsの視点を織り交ぜながら、より良い資金循環の仕組みづくりについて研究しています。その際、市場の声だけなく企業の内なる声にも耳を傾け、組織マネジメントや戦略策定と紐づけながら、より良い企業経営の在り方についても検討を重ねます。

資本市場における企業と投資家の関係にかかわる研究
 -インベストメント・チェーンの最適化に向けて

 私の長期研究テーマは、「インベストメント・チェーンの最適化」です。そのため、資本市場における企業と投資家の関係を両者の立場からそれぞれ考察します。当然、その対象は国内に留まるものではありません。
 刻一刻と動く市場環境や法制度の変化を汲み取りながら、企業と投資家の積極的な対話を促し、個々の企業活動を通した資金循環の仕組み作りを検討することにより、従来の伝統的ファイナンス手法や企業戦略に新たな方法論や理論を付加する試みを行います。それゆえ、最新の手法や理論を追うだけでなく、時には何千年もの歴史を遡り、人類が積み上げてきた知識の源泉を紐解いて、それらの知見を現代社会や企業活動に応用することもあります。

3K(研究者・教育者・経営者)の立場からイノベーション創出をサポートします。

 本学において、経営と技術が融合することは、技術を基軸とした新たなイノベーション創出に向け経営的思考の軸を提供することを意味します。また、経営と技術の両面を踏まえ、本学を取り巻くあらゆるステークホルダーと積極的に対話することで、より多くのビジネスチャンスを掘り起こすことが可能と考えます。
 更に、本学には、モノづくりを得意とするベンチャー・中小企業の経営者の方々が学生として多く在籍しているため、企業経営に必須のファイナンスシャル・リテラシーの向上にも積極的に取り組んでいます。
 私は、これまでマネジメントを実践してきた実務者としての経験も踏まえ、3K(研究者・教育者・経営者)の立場から、イノベーション創出をサポートします。

キーワード

  • 経営管理論 経営学、戦略論、イノベーション論、コーポレート・ガバナンス
  • 経営財務論 コーポレートファイナンス、ベンチャーファイナンス、IR、ESG、SDGs