リエゾンセンター

大学は研究と教育を進める機関ですが、それらに加えて近年では社会貢献の重要性が指摘されてきております。
リエゾンセンターは、大学と社会との窓口の役割を果たすことを目的として、次の機能を持ちます。

知的財産戦略支援

本学は職務発明規程とライセンシング規程とを一体で運営する仕組みを作り上げております。特許は学術目的ではなくビジネスを守るものですが、産業創成の研究にあたっては無視できません。大学での研究の一環として、本学学生に対する知的財産戦略支援を行います。

社会貢献を推進する仕組み

国内、海外との連携を推進します。

ファブラボの推進

本学は光技術を柱として、研究、ビジネスに必要となる技術支援体制「ファブラボ」を推進します。大学と社会 との技術的な接点を保つ目的から、レーザーによる2次元切断加工機などの外部利用、及び、関連する技術指導 を進めます。

教員紹介

蓑島 伸生 特任教授(兼任)

水野 誠一郎 特任教授(兼任)

向坂 直久 特任教授

ページの先頭へ戻る